ネットで稼ぐ方法

ネットで収入を獲得するにはどうしたら良いのか?

会社の仕事として。グループのコミュニティとして。個人の楽しみとして、色々な活用方法でネット通信が使われていて、利用者も利用回数も増える一方です。
その位、ネットの必要性は高くなっていてこれからも変わりません。

こんなに利用している人が多いという事は、稼げる可能性も詰まっているのがインターネットの世界。これは、活用しない手はありませんし、一日でも早めに参入した方が良さそうです。

その理由は、先に始めた人の方が独占できるという事だけではありません。
あなた自身が、インターネットで稼ぐ為のスキルを身に付けて、稼ぐ為の準備をしておけば、何時でもITを活用して収入を生み出せる可能性があるからです。

また、4、5年前までは不可能とされていたような事も、どんどんできるようになっています。

こういった新しい技術は、インターネットとの相性が良く常に必要とされ、これからも変わりません。

なので、今の内にインターネットで稼ぐスキルを身に付けておけば、これからのトレンドには遅れなくなります。ただし、勘違いして欲しくないのは、スキルだからといっても、そんなに難しい事を覚える必要はありません。

何が必要で、どういったことを意識すれば良いのか。まずは、ここが解るようになれば、後は、自分で自由に応用できます。そうすれば、新しい情報に囚われなくても、稼げるようになってくる。

そうなれるために必要な情報を、私の解る範囲で掲載していきたいと思います。
また、新しく発見した事や、日々の考えている事のまとめなどもしていく予定です。

日々の色々な事を書いていく

ブログの場合のデメリットを考慮して、個人で運営する事にしました。

その理由は、どんなに良い情報を掲載していていも、それは、間借りしたスペースでのことなので、情報は自分の資産であっても、色々な制限があるという事。広告やリンクを沢山張られても文句をいう事ができません。

別に文句を付けるつもりはないんですが、個人で運営する方が何かとメリットが大きいという事は言うまでもありません。使いづらさという点もあります。記事を書くページに行くまでや画像の掲載など、他のリンク管理など、全てに時間ががかかってしまいます。

そんな事もあり、自分でウェブサイトを運営するようになりました。

ウェブサイトであれば、自分の好きなようにカスタマイズができ、広告やリンクの管理も自由に行えます。まあ、その為には、”htmlのスキル”と”ウェブサイトの運営のいろは”は、ある程度把握しておく必要がありますが、そこまで、難しいものではありません。

また、ブログであれば、過去記事は鮮度が落ちやすいものですが、ウェブサイトは長期間使用さる辞書のように、何時でも情報を取り出すことが可能です。

このサイトは、自分が知りたい情報を調べながら、自分の辞書ツールとしての活用もしていければなと思っていますが、どちらかというと、メモ帳のような存在として、自由な情報を書き込んでいこうと思っています。

htmlにこだわる理由

ウェブサイトの運営も、今では、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が主流ですが、私は、あまり使っていません。その理由は、ソースが自分の思うように設計できないからです。不要なソースが増えるという事も言えます。

その修正に時間をかけるよりは、htmlに直接文章を書き込んだ方が性に合っているというか、シンプルな方が好きだという気持ちの問題もあります。CMSは、自動でリンクなどが作られますので便利ですが、htmlも、置き換えソフトなどを活用すれば、簡単にサイドバーのメニューを張りかえられます。

なので、複数のフリーツールを使用すれば、そんなに問題ではありません。

これが、一番やりやすく作りやすいスタイルだという事ですが、ここまで来るには、そこそこ時間もかかりました。でも、今では、それが当たり前になっているので、何事もくり返しはとても大切な事だと今更ながら思います。

手軽に始めるなら自己アフィリという方法も

ネットで稼ごうと思っているなら、
アフィリエイトは既知の情報だと思います。

誰でも手軽に始められて、自分の自由な時間に行うことが出来る。
その上で、やり方次第では、大きく稼ぐことも可能です。

しかし最初から、そんなに簡単に稼ぐことはできません。
元々マーケティングに詳しかったり、リアルビジネスの経験などがあれば、アフィリエイトでも簡単に稼ぐことが出来るかもしれませんが、そういう人はごく限られた1部の人です。

でも、誰でも簡単にアフィリエイト報酬を受けることができます。
それが自己アフィリという方法です。

この方法は、自分で商品を購入するときに自分で設置したアフィリエイトリンクを踏むというやり方によって報酬を出ることを実現する方法で、そうすることによって、実質、特別割引価格で商品を購入することが可能となります。

こうした方法は、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)によって、出来る場合とできない場合がありますが、楽天では自己アフィリエイトが本来はできません。
それをしてしまうと、販売促進に繋がらないからだと思います。

ですが、とある方法により、楽天での自己アフィリを可能とすることができます。
こうした方法は、隠されているわけでも公にされているわけでもありませんが、少し情報を調べることでこういうことも知れるようになるので、色々なところにアンテナを伸ばしておくというのもネットで稼ぐ上では必要な事だと思います。